トップページ > ゴルフ基礎レッスン > 手とクラブフェースのイメージ

手とクラブフェースのイメージ

レッスンプロ

【手の平にどのようにクラブフェイスが収まるのかを知ろう】

桑原プロ「まず、クラブを持たずに手の平をクラブフェースとみたてて実際に球を打つイメージでスイングしてみましょう。そしてインパクトの瞬間で手を止めてみて下さい。手の平はどの方向を向いていますか?
この時、多くの人に見られるのが、手の先が前方を向いている状態です。これは実は手の平とクラブフェースの関係をイメージする上で良くありません。正しくは手の先が地面を指している状態となります。
『指の付け根とクラブのソールが平行になる』とイメージすれば良いでしょう。 クラブフェースと手の平の正しいイメージ クラブフェースと手の平の間違ったイメージ
インパクトでは手の先が地面を指すことになります。また、それと同時に「手の平とクラブフェイスの向きが平行」になるようにも注意を払いましょう。アドレスした際、手の平の中にイメージしてつくられたクラブフェイスが、実際のクラブフェイスと合致すれば、正しくイメージ出来ていることになります」

【右利きなら利き手である右手を上手に使うべき】
スイング理論は様々ありますが、その多くは「右利きは左手で打つ」や「手ではなく体で打つ」といったように『手』を使わないことを主張しています。客観的に見ればそのように見えますし、間違っているというわけでもないのですが、だからと言って「手は全く使わない」と捉えてしまうと、それは明らかに間違いになります。手の動き、特に手の平の動きというものは、体の動きに比べて小さく目立ちません。しかし、クラブを直接操作する重要な部位であることも事実です。クラブが数ミリ動けば球はとんでもない方向に飛んでいってしまうゴルフというスポーツにおいて、そのほんの僅かな動きをコントロールするには感覚の優れた手を上手に使うことも重要なのです。これらの事は両手に関して言えることなのですが、やはり利き手の意識を高めた方がやりやすいでしょう。

左手のイメージ

左手は甲の部分がクラブフェースとリンクするようにイメージします。