トップページ > ゴルフ基礎レッスン > テイクバック〜ハーフウエイバック

テイクバック〜ハーフウエイバック

ゴルフは止まった状態から動き出すから難しい、とよく言われます。ここではテイクバック(動きだす動作)からハーフウエイバック(バックスイングの中間地点)までの動きを解説していきたいと思います。

【手や腕より体の回転で始動する】
テイクバックでは、クラブヘッドの動きについて語られることが多いと思います。たとえばクラブヘッドを最初の何cmは真っすぐ引くとかインサイドに引くとか、いろいろあります。しかし、一番重要なのは手で上げないということです。これは言葉で言うのは簡単ですが、頭で理解していても実践するのが難しいことなのです。手で上げなければどうするのか? それは腹筋や背筋といったいわゆる体幹と呼ばれる筋肉を使って肩を回すことによりテイクバックするのです。
体幹を使って 肩が先
手や腕が先に動くのではなく、肩を回すことにより腕、そして手、クラブが動いていければ理想です。この時、胸の正面に常に手があるようにしましょう。多くのアマチュアの方は手が胸の正面から外れて先行してしまいがちなので気をつけましょう。また、手を出来るだけ体から遠ざけるように動かすことでスイングアークが大きくなり安定性とヘッドスピードの向上に繋がります。
テイクバック〜ハーフウエイバックまではチェックすべきポイントが多々あります。以下の桑原プロの解説を含むチェックポイントは、いずれも基本中の基本とも言えることばかりなのでしっかりチェックしておきましょう。

【チェックポイント1・右ひざを動かさない】
右ひざを動かさない
右ひざを動かすと、肩が回るのにつれ腰も回り過ぎてしまい、体の捻転が充分に行われず、充分なヘッドスピードを得られなくなってしまいます。少しは動いてしまうものなのですが『感覚的には全く動かさない』くらいでも良いでしょう。

【チェックポイント2・スエーしない】
スエーしない
スエー(体の横の動き)は、円運動を基本とするゴルフスイングにおいて、様々な弊害が生じる可能性が高い動きです。アドレス時の頭の位置をチェックしてそこから動かないようにしましょう。

レッスンプロ

【桑原プロのハーフウエイバックのチェックポイント】

桑原プロ「ボールを打ちにいくダウンスイングと比べバックスイングはアマチュアの方に軽視される傾向にあります。しかし、理想のダウンスイングへと導くためにバックスイングはあり、決して軽視出来ないものと私は考えています。ここでは『シャフトが地面と平行になった時』のチェックポイントを挙げてみたのでご自身のものと見比べて下さい。バックスイングはある程度個人差があるものです。『これが正しい!』といった完璧な形を求めるのではなく許容範囲内に収めることに注意してみましょう」

1.アドレス時の三角形を保つ
右ひざを動かさない
アドレス時に胸と腕で出来た三角形を保つように心掛けましょう。腕だけで動かそうとするとこの三角形が潰れやすいので注意しましょう。

2.グリップエンドの高さは変わらない
グリップエンドの高さ
この段階ではグリップエンドの高さはアドレス時とほとんど変わりません。アマチュアの多くはこの段階のグリップエンドがアドレス時よりも高くなり過ぎている傾向にあるので注意して下さい。

3.シャフトは飛球線より30度の範囲内に収める
シャフトの許容範囲
シャフトが地面と平行になった時、飛球線とシャフトの関係も見てみましょう。飛球線と平行から、イン又はアウト側にそれぞれ30度以内が許容範囲内と覚えて下さい。

4.トゥーの向きは11〜1時の間に収める
トゥーの向き
トゥーの向きは真上が12時とすると11時から1時の範囲内に収めるようにするべき。これ以上のズレはその後のスイングに悪影響を及ぼす可能性があります。

【クラブがアウトサイド、またはインサイドに上がり過ぎる人】
アウトサイド過ぎ インサイド過ぎ
クラブがアウトサイドに上がり、スライスばかりで悩んでいる方も多いのではないでしょうか? 原因は色々考えられますが、その内の一つは、手だけでクラブを上げるミスです。肩を回さず手だけで上げてしまうと、どうしてもクラブはアウトサイドに上がり、そのまま振りおろすとカット軌道になりスライスか、またはドのつくほどの引っかけしか出ません。このような場合は、手を上げずもっと肩を回すことを意識しましょう。
反対にクラブがインサイドに上がり過ぎる方は、そのままの勢いでクラブを上げるとクロスオーバーのオーバースイングになる、といったケースが良くあります。これも原因の多くは『手でクラブを始動させてしまっている』という点です。肩を回すことによりクラブをプレーンに乗せていくことをイメージしていても、無意識のうちに手が先行してしまっている場合があります。手が先行すると常に体の正面にあるべきクラブが早い段階で体の正面から外れてインサイド過ぎる方向に行ってしまいます。このような場合、肩を回すことで手が後からついてくるイメージを強くすると良いかもしれません。手が先行しないように気をつけましょう。