トップページ > ゴルフ基礎レッスン > 握り方(グリップ)

握り方(グリップ)

グリップはゴルフクラブとプレーヤーの唯一の接点です。初心者ほどグリップをおろそかにしがちで上級者ほどグリップは正しく握れているものです。また、見る人が見れば握り方を見ただけでその人の技量がおおよそ分かる、とも言われているほどゴルフのスイングにおいて重要な要素を担っているのです。
ここでは握り方の基本を解説しますので、それを参考に個々で調整して下さい。

【基本的なグリップの方法】(右利き)
左手
1.肩、腕、手首の力を抜き腕を降ろす
2.そのまま手の平に沿ってクラブを握る
3.クラブをアドレス時の位置にもってくる
グリップ左手1 グリップ左手2 グリップ左手3

レッスンプロ

桑原プロ「まずは力を抜いて腕をだらんと下に降ろして下さい。この時、個人差はあるにせよほとんどの人は手の平が内側を向くと思います(足で言うと内股のような状態)。その手の平の角度に合わせてグリップを左手の指の付け根に置き軽く握ります。右斜め前を向いているクラブを体の正面にアドレス時と同じように持ってきます。これで左手は完成です。力を抜いて腕を降ろした時の手の平の角度によって、グリップした時の左手首の曲がる角度(カッピング)が人それぞれ異なるのが特徴です」

右手
1.指の付け根を添える
2.中指と薬指でグリップを握る
3.右手の生命線を左手の親指に被せる
グリップ右手1 グリップ右手2 グリップ右手3
桑原プロ「小指、薬指、中指の指の付け根を意識してグリップの裏側にあてて下さい。まず小指を握ります。インターロックでもオーバーラップでも好みで構いません。次に中指と薬指でグリップを握ります。こうすることで指で握れていることが非常に分かりやすいと思います。最後に右手の生命線を左手の親指に沿うように軽く被せれば完成です。慣れないグリップに違和感があるようであれば最初は上手く打てないかもしれませんが上手く打てるようになるまで練習することが大事です。
正しいグリップは手の平よりも指で握っている感じが強くなります。多くのアマチュアの方に見受けられるのが手の平に力を入れて握っている、いわゆるパームグリップです。もし今までの自分のグリップがパームグリップであったなら、直ちに矯正することをおすすめします。ここで紹介したグリップの作り方はその人の骨格にあったグリップを作る一つの方法です。慣れれば自分なりにやってみると良いでしょう。
また、グリップについては『右手の親指はどこにおけばいいの?』と良く聞かれるのですが、ごく自然に握れば多少右であろうと左であろうと構いません。要は中指と薬指の付け根で握る基本形が出来ていれば、ある程度は好みで握っても問題ないということです」

【グリップの種類】
グリップは基本的に以下の3種類に分けられます(パターの握り方はもっと多彩)。
タイガーや遼君がしているインターロッキング 最も一般的なオーバーラッピンググリップ パワー重視のベースボールグリップ
■インターロッキンググリップは左手の人指し指と中指の間に右手の小指を絡めます。方向性に優れていると言われています。タイガーウッズや石川遼君はこのタイプです。
■オーバーラッピンググリップは、左手の人差し指と中指の間に右手の小指を乗せます。最もオーソドックスなグリップです。ゴルファーの大半がこのグリップで握っています。
■ベースボールグリップは、野球のバットを握るようにします。右手と左手の一体感が少ないのがデメリットですが、飛距離が出しやすいと言われています。

【ストロンググリップとウイークグリップ】
人差し指と親指の間に隙間をつくらず、この間の線が右肩を指す程度の位置にくるのがオーソドックスなグリップの位置となります。
右肩を指す 指の線が右肩を指す
人指し指と親指の間の線が右肩よりも右を指すように握ればストロンググリップ(フックグリップ)と言い、フェースを返しやすくなるのでフック系の球が出やすくなります。力の無い人はストロング気味にグリップをした方が良いでしょう。反対に右肩よりも左側を指せばウイークグリップと言い、パワーのある人に多いフック系のミスを防ぐには向いています。
プレーヤーによっては、左手はウイーク目に右手はストロングに握る、といった場合もあります。また、パワーのある人でもストロングに握る人もいれば、その逆もあります。自分のスイングや握って振った時のフィーリングなども加味して自分にあった握り方を見つけましょう!
ストロンググリップ ウイークグリップ

【ワンポイントテクニック】
ストロンググリップ ウイークグリップ
桑原プロ「グリップの幅を変えることで飛距離アップとコントロール性アップを調節します。上写真左のように両手の感覚を広くとればコントロールしやすくなり、狭くすれば飛距離が出しやすくなります」