トップページ > ゴルフ基礎レッスン > クラブの構造を活かす

クラブの構造を活かす

ゴルフクラブは野球のバットのように単調な棒ではなく、特殊な構造をしています。それがゴルフの難しさにも繋がっているわけですが、その構造を活かすこと、つまりゴルフクラブの持つ性能を活かすことが出来ればゴルフの上達に大きく役立ちます。

レッスンプロ

【シャフトを軸としたクラブヘッドの回転運動】

桑原プロ「ボールを遠くへ飛ばすスポーツ、野球のバッティング、砲丸投げ等…。いずれにも共通しているのは円運動を行っているということ。つまり遠心力の力を利用しているわけで、これはゴルフ初心者の方でもクラブを持たせれば大抵の方が体を中心とした円運動を行ってみせることから意識せずとも分かることだと思います。その円運動が、実はクラブのみにおいても行われるように設計されています。
それがシャフトを中心としたトゥーの回転運動。スイング全体からすれば小さな動きですが、クラブの構造を語る上で最も重要な一つです」
クラブフェースの回転運動

【ライ角を利用したテコの動き】

桑原プロ「もう一つはライ角を利用したテコの動きです。『釘抜き』を想像すれば分かりやすいのではないでしょうか。 シャフトを中心にトゥーが上から下へ動く運動によってエネルギーが生じるわけです。お馴染みの手首の動き『コック』とは、このテコを働かせるためのもので、ゴルフには欠かせない動きであるということも併せて覚えておいて下さい」
クラブのテコの動き

スイング中のクラブの動きをイメージしてみましょう。下写真○のようにトゥーが回転しながらインパクトでフェイスと目標ラインが垂直になる。これが正しいクラブの動きとなります。下写真×のように『常に目標ラインにフェイスを垂直に保ちながら打てば曲がらない』と捉えている方も多いようですが、このクラブの使い方では本来のクラブデザインの意図するところからかけ離れてしまいます。
クラブの回転運動1 クラブの回転運動2