トップページ > コース戦略 > 得意な距離を残す
ゴルフ基礎レッスン ゴルフコース戦略

コース戦略

得意な距離を残す


※クリックで拡大

 これは良く言われている事なのですが、その割には実践出来ている人が少ないのが現状です。私、Mr.golfbakaも頭では分かっていても実践出来ないことが多いプレーヤーの一人です。多くの人は恐らく、残り距離の計算より、少しでもグリーンに近付けることに気が向いてしまうものです。

 少しでもグリーンに近付けたい、ということは、ある程度、グリーンまでの距離があるケースということになります。ロングホールのセカンドショット以降や距離の長いミドルホールのセカンドショットではよく遭遇する状況です。

 このような時、自分の技量と照らし合わせてグリーンを狙うのが困難と思われる状況なら刻むのが定石ですが、ただ単に刻むのではなく、残す距離を考えて、次打がその距離になる場所を狙います。得意な距離は人それぞれ違うので、短い距離で自分の得意な距離を作っておくようにしましょう。

 一般的には、50ヤード前後のアプローチは球が止まりにくいため(バックスピンがそれほどかからないため)距離感を出すのが難しく、それならばいっそのこと100ヤードを残してアプローチウエッジやピッチングウエッジでフルショットをした方がピンポイントで攻めやすい、といった場合もあります。