トップページ > コース戦略 > 土手(斜面)を上手く使う
ゴルフ基礎レッスン ゴルフコース戦略

コース戦略

土手(斜面)を上手く使う


※クリックで拡大

 端が土手になっているホールは山の中のコースでは良く見られます。このようなホールでティーショットを打つ場合、土手にキックさせることを念頭に入れて攻めるとティーショットの許容範囲が広がります。

 土手は、傾斜の度合いと芝の長さにもよりますが、多くの場合は内側にキックしてフェアウエイまで、またはフェアウエイ近くまで転がってくるものです。また、土手の斜面に落ちたボールは、内側にキックすることになるので、土手の向こうがOBだとしてもそこまで行ってしまう心配がありません。土手の向こうがOBの場合は、右に曲げるようなミスをしてしまった場合でも土手を越えてしまわない程度の範囲で狙いを定めましょう。

 土手だけでなく、フェアウエイも含むコース全体が傾斜している場合もあります。このような場合は、フェアウエイに落ちたボールが傾斜なりのキックでラフまで行ってしまうこともあるので、最初からフェアウエイより高い斜面を狙って最終的にフェアウエイにボールが止まる位置に落とし所を定めます。

 ゴルフコースで傾斜と言えば、グリーンの傾斜かライのことを指すことが多いのですが、スルーザグリーンにおいてはボールの落下地点の傾斜によってボールの止まる位置が大きな影響を受けます。土手などの傾斜は無理に利用する必要はありませんが、上手に利用できればスコアアップに繋がります。