トップページ > コース戦略 > グリーンは真ん中を狙うのが安全策
ゴルフ基礎レッスン ゴルフコース戦略

コース戦略

グリーンは真ん中を狙うのが安全策


※クリックで拡大

 グリーンを狙うショットを打つ際、ピンポジションを見た上でグリーンのどこを狙うかを決めるのが一般的です。しかし、グリーン周りにはバンカーなどのハザードが配置されていることが多くあります。ピンポジションによっては、ピンを狙ったがためにほんの僅かなミスがハザードの餌食になってしまうことも珍しくありません。また、グリーンは近くまでこないと斜面の状況が分かりにくいこともあり、よほど熟知しているコースでもない限り、グリーンのどこを狙うのが最も安全でその後のパットを易しいものとするのかは分かりにくいものです。

 こんな時は、グリーンセンターを狙うのが賢い攻め方と言えます。グリーンセンターを狙うと、センターからグリーンの横幅や奥行きの幅の分だけ、ミスしてもグリーンオンの可能性が出てくることになります。また、狙った通りにグリーンセンターに乗ればピンがどの位置にあったとしてもグリーンの半分の距離以下ですみます。

 バーディーを取りに行くような攻撃的なゴルフではしませんが、大叩きしないようなゴルフをしたいなら、グリーンセンター狙いはおススメです。