トップページ > コース戦略 > 打ち上げのホールでの番手選び
ゴルフ基礎レッスン ゴルフコース戦略

コース戦略

打ち上げのホールでの番手選び


※クリックで拡大

 打ち上げホールで番手選びがうまくいかない人は、色々な要素を加味して考えてみる必要があります。

 まずは残り距離です。イラストをご覧いただければ、高いボールは打ち上げによる番手の影響が少ないことが分かります。つまり、残り距離が短い時は短い番手で高い球を打てるので、それほど番手を上げる必要もなく、逆に残り距離が長い時は思った以上に番手を上げなければ届かない、といったことになりやすいのです。しかし、番手を上げると弾道が低くなり、落下地点からのランが増えることも考慮する必要があります。

 また、打つライも考慮する必要があります。平らなライなら単純に高低差だけを見ればよいのですが、左足上がりのライなら、普通に打てば普段より高い球で距離が出ない球になるので、その分番手を上げる必要が出てくるのです。

 また、ティーショットがきつい打ち上げの斜面に向かって打つような場合、ランがほとんど期待できないため、低い球より高い球の方が有利です。こんなケースでは、ティーショットをドライバーではなくスプーンなどで打った方が、正確性を高める意味でも有効です。