トップページ > コース戦略 > アベレージゴルファーならロングホールは3オンが基本
ゴルフ基礎レッスン ゴルフコース戦略

コース戦略

アベレージゴルファーならロングホールは3オンが基本


※クリックで拡大

 飛距離的には2オン可能なロングホール。コースにもよりますが、アベレージゴルファーにとっては2オンを狙うことでチャンスを作るよりリスクを背負う方が多い場合がほとんどです。

 例えばイラストのようなコースの場合、2オンするには、ティーショットとセカンドともにナイスショットが求められます。そしてミスすればラフや池ポチャなどが待受けることになります。

 しかし、最初から3オン狙いなら、ティーショット、セカンドともに広いスペースに向かって打つことが出来ますし、クラブも短い分ミスの確率が低くなります。

 大きなリスクを背負う2オン狙いと、それほどプレッシャーのかからない3オン狙いとでは精神的にもかなり違ってくるでしょうから、その点についてもミスの確率が変わるはずです。

 ここ一番の集中力に絶対の自信がある人なら、思い切って2オン狙いもありかもしれませんが、そうでなければ3オン狙いが賢明なのです。