トップページ > コース戦略 > 1打目はドライバーではない方が良い場合もある
ゴルフ基礎レッスン ゴルフコース戦略

コース戦略

1打目はドライバーではない方が良い場合もある


※クリックで拡大

 ミドルホールとロングホールのティーショットはなんでもかんでもドライバー、という方は多いのではないでしょうか? 確かに飛距離を稼ぐとセカンドショット以降が楽になるホールは多いものです。

 しかし、イラストのようなコース途中から打ち降ろしているホールでは、ドライバーの距離が丁度左足下がりの打ちにくいライのところに達してしまうことがあります。このような場合は、フェアウエイが平らな範囲にとどまるクラブでティーショットを打つのが賢明です。

 また、ドライバーは最も飛距離が出るクラブであると同時に、最もミスヒット時の曲がり幅が大きいクラブでもあります。その為、コースの幅が狭く両サイドがOBのようなホールでは、少しでも曲がりを抑えるためにドライバー以外のクラブで打つことも有効です。プロの試合ではフェアウエイを外すと試合用に伸ばした深いラフに入り次打が困難になるという理由から、フェアウエイキープを最優先してドライバーを持たずにティーショットをするシーンが頻繁に見られます。