トップページ > コース戦略 > 短いミドルホールは罠に注意!
ゴルフ基礎レッスン ゴルフコース戦略

コース戦略

短いミドルホールは罠に注意!


※クリックで拡大

 飛ばし屋ならワンオンも可能な距離の短いミドルホール。チャンスホールの可能性もありますが、まずは「短いのには訳がある」と疑いの念を持ってトラップがないかチェックするべきです。

 イラストのコースの場合、フェアウエイ上でグリーン近くまでボールを運ぶとなると、かなり狭いフェアウエイを狙わなければなりません。これは相当リスクが高い攻め方になります。通常は、広いフェアウエイに留めておくためにミドルアイアンなどでティーショットを打つのがセオリーです。

 少しでもグリーンに近付けてバーディーチャンスを作りたいなら、(ラフの状況にもよりますが)あえてグリーン左サイドのラフを狙っていくのもありです。

wait

 短いミドルホールは、ブラインドホールとなっているところも多いです。コースも知っていて飛距離的にも狙えるのであれば攻めるのも手ですが、このようなホールでは絶対に打ってはいけない方向(この場合、左の林)に行かないようボールをコントロール出来なければなりません。

 1打目でグリーンを狙わない場合、2打目が打ちやすい場所にボールを運ぶことが大事です。近いルートで林付近を狙うと、次打が木が邪魔でグリーンを狙えなくなる可能性もあるのです。