トップページ > ゴルフのマナー > スロープレー対策 > グリーン上でボールを使い分ける

スロープレー防止策

グリーン上でボールを使い分ける

グリーン上でボールを使い分ける

 汚れているボールを拭くことを後回しにすることでスロープレー防止に努める方法です。グリーンオンした球が汚れている場合、その球をマークして拾い上げたらポケットから別の綺麗な球を取りだしてリプレースしてその球でプレーをします。ホールアウト後にホールとホールの間や次ホールのティーグラウンドで待機中に汚れた球を拭きます。グリーンオンしてすぐに自分の打順になりボールを拭く手間が組全体の進行に影響する時は有効な手法です。ただし、この方法はゴルフ規則においては『認められていない時に球の取り替えをする行為』にあたりに2打罰となるので、競技やコンペなどではやらないようにしましょう。あくまでもプライベートゴルフでのスロープレー対策法の一つです。

ゴルフ規則・球の取り替えに関すること