トップページ > ゴルフのマナー > スロープレー対策 > 怪しい時は暫定球を打っておく

スロープレー防止策

怪しい時は暫定球を打っておく

怪しい時は暫定球を打つようにしましょう

 前進4打のないホールでのOB、あるいはOBではないけれど、林の中へボールを打ちこんでしまって、見つからない可能性があるような場合は迷わず『暫定球』を打つようにしましょう。暫定球を打たずにボールが見つからないとなると、どうしてもボール探しに時間をかけ過ぎてしまうものです。そうならない為にも怪しい時は暫定球を打っておいた方が良いでしょう。暫定球はミスした後のショットですので、プレッシャーがかかるものです。落ち着いて飛距離は考えず安全第一でショットするよう心がけましょう。

ゴルフ規則27-2・暫定球