トップページ > ゴルフのマナー > スロープレー対策 > 予備ボールは必ず持つ

スロープレー防止策

予備ボールは必ず持つ

予備ボールは常に携帯しているのがベスト

 ゴルフはミスとの闘いです。どんな上級者だってOBやロストボールはつきものです。OBやロストボールの危険性がある時、すぐに打ちなおせるよう常に予備ボールは携帯しておくのが常識です。予備ボールを持たなかったがために、OBやロストボールの度にいちいちカートまで取りに来ていたのでは時間の無駄は避けられません。ある程度の技量を持ったプレーヤーでも1個は必ず、初心者プレーヤーなら2個か3個以上は常に持っているようにしたいところです。

OBやロストボールの処置⇒ゴルフ規則27-1参照