トップページ > ゴルフのマナー > スロープレー対策 > 素振りの回数は決めておく

スロープレー防止策

素振りの回数は決めておく

素振りはルーティーンとして回数を決める

 ショットの前に素振りをするプレーヤーは多いものです。スイングのチェックや球筋のイメージ、また体をほぐすために行いますが、いずれの場合もやり過ぎは良くありません。特に自分の打順になってから時間をかけて素振りをするのは間違いなくプレーのペースを遅らせることに繋がるので控えましょう。素振りでは色々考え過ぎても仕方がありません。注意する点を一つか二つに絞り、さらに打つ前の決まった一連の動作(プレショットルーティーン)の一つとして回数を決めた素振りを行うようにすることでリズムを作りショットの成功率を高めることが出来ます。プレショットルーティーンはプロゴルファーともあれば大抵その選手なりのプレショットルーティーンを持っているものなのです。