トップページ > ゴルフのマナー > スロープレー対策 > クラブを持ったままカートに乗る

スロープレー防止策

クラブを持ったままカートに乗る

最後のティーショットなら必ずクラブは持ったままカートに乗る

 ティーショットで最後に打った人はクラブを持ったままカートに乗り込みましょう。カートに乗っている他の人を待たせた状態でクラブをしまっていたのでは良くありません。また、ホールアウト後にアプローチで使用したクラブやパターをグリーン脇にカートを止めたままキャディバッグにしまわう行為もプレーを遅くする要因となります。アプローチで使用したクラブやパターは手に持ったままカートに乗り込み次ホールのティーグラウンドに到着してからしまうようにすれば後続組へグリーンを明け渡す時間を早められるのでスロープレー防止への効果は大きくなります。