トップページ > ゴルフのマナー > スロープレー対策 > 遠球先打は臨機応変に対応する

スロープレー防止策

遠球先打は臨機応変に対応する

ゴルフではカップに遠い人が先に打つのが一般的だが、スロープレーにならないために順番は臨機応変に対応して問題ない

 ゴルフではホールに遠い人が先に打つのがあくまでも基本とされていますが、プレー進行が遅れ気味の場合などにプレー進行を早くするためにプレーの順番を変えても罰はありません。例えば、自分よりホールから遠い人がいても自分の方が先に打つ準備が出来たら「お先に打ちます」など一声かけて打っても罰はありません。また、たとえ遅れていなくてもプレー進行に不安があるようなときは、ティーショットでは前ホールのスコアによるオナーにこだわらず、距離の出ない人や女性が先に打つ、といった方法も前組との距離を空けてしまわないために有効です。
 プレーの順番は「変えることによって特定の人が有利になる」といったことがなければ競技でも罰はありません

ゴルフ規則10-2・ストロークプレーの順番