トップページ > ゴルフのルール > 「へぇ〜」なゴルフルール > 打順に関する「へぇ〜」なルール

打順に関する「へぇ〜」なルール

 ゴルフの打順は、ホールから遠い人が先に打つ、いわゆる「遠球先打」が基本です。では、次のような場合は、どちらが先に打つべきでしょうか?
 
  AさんとBさんの二人のプレーヤーが同じウオーターハザード内の池にボールを入れてしまったとします。池の中のボールが二人とも確認できたとして、ボールの位置はAさんの方がホールから遠い位置にありました。
  池から打つのは難しそうだったので二人とも1打罰を払い、最後にハザードの境界を横切った地点とホールを結ぶ線の後方延長線上にドロップすることにしました。しかし、そうなるとBさんの方がカップより遠い位置になってしまいました。
  従ってBさんが先に打つことに……と思うのですが、実は違って、この場合はAさんが先に打つのです!
 
  ちょっとややこしいのですが、球があるがままの状態で打たないとき(池ポチャ処置など)は、
 ●前打位置から打つ場合は前打位置の距離を参照
 ●前打位置以外の処置をとる場合(上の例のような処置)は、初めの球の位置(上の例の場合、池の中の球の位置)を参照ということになっているのです。
 
  プライベートゴルフではほとんど気にする必要もないかと思いますが、クラブのメンバーでマッチプレー競技に出られる方は知っておいた方がいいかもしれませんね。