トップページ > ゴルフのルール > 「へぇ〜」なゴルフルール > 穴掘り動物の「へぇ〜」なルール

穴掘り動物の「へぇ〜」なルール

 ゴルフでは「異常なグラウンド状態」(修理地カジュアルウオーター、穴掘り動物の穴など)に球がある場合、罰無しで救済を受けることが出来ます。

 さて、『穴掘り動物の穴』ってなんなんでしょう?

 穴掘り動物は、兎やモグラなどのことを指します。そして、穴掘り動物以外の動物が掘った穴はゴルフ規則では異常なグラウンド状態にならないのです!

 つまり、犬や猪が掘った穴は『穴掘り動物の穴』にならず、ローカルルールで制定しない限り異常なグラウンド状態が適用されないということになり、穴の中にすっぽり入ってしまった球もそのまま打たなければいけなくなってしまうんですね〜(または1打罰でアンプレヤブルの処置)。