トップページ > ゴルフのルール > 「へぇ〜」なゴルフルール > 第2の球に関する「へぇ〜」なルール

第2の球に関する「へぇ〜」なルール

 これはプライベートゴルフではほとんど気にする必要はないと思いますが、競技では遭遇することも考えられるケースです。

 穴掘り動物か、そうでないかよく分からない場所に球が止まってしまいました。そこで、プレーヤーは、第2の球でプレーすることを決めました(どちらが正しい処置か分からない場合、2つの球でそのホールをプレーすることが出来ます)。

 一つは、異常なグラウンド状態かもしれないその場所からプレー、もう一つは、異常なグラウンド状態としての救済を受けてプレーすることです。

 そして第2の球でプレーする際は、どちらも規則にしたがっていた場合、予めどちらの球のスコアをとるか申告しておかなければなりません。プレーヤーは、有利と思われる救済を受ける方の第2の球をスコアにしたいと宣言しました。

ここまでは全く問題ないんです。

この後です。

 最初に救済を受けずにそのまま打った球がベタピンになりました。そしたら、もはや第2の球なんか打つ必要がない、と思ってしまいますよね? しかし、第2の球を打つこと、そしてルールに従っていれば第2の球をスコアとしてカウントしたいと宣言した以上第2の球でプレーしないと問題が起こる可能性があります。

 何故かと言うと、もしその場所が「異常なグラウンド状態」と認められれば、宣言どおり第2の球をスコアとカウントしなければならず、もし第2の球を放棄して次のホールのティーショットを打ち終えていたら失格となってしまうのです。

 しかし「異常なグラウンド状態」と認められなかった場合は、第2の球をプレーしたか放棄したかにかかわらず、ベタピンに寄った初めの球が有効となるんですね〜。