トップページ > ゴルフのルール > コースデビューのルール > スコアの付け方

バンカーで気を付けること

 バンカーで一番気を付けなければいけないのは『クラブを砂に付けてはいけない』ということです。素振りやショット前のアドレスをとった時はもちろん、クラブを持ってボールに向かって歩いている時もクラブがバンカーの砂に触れると2打罰となります。
 クラブを地面から浮かして構えて打つショットになるので、普段練習場ではなかなかやらないショットということもあって初心者にとっては難易度の高いショットになります。通常、グリーン周りのバンカーショットは、ボールの数センチ手前からボールの下15cm前後の幅の砂を削り取る感じで打ちます。ボールを直接打たず、砂と一緒に打つのが基本で砂を爆発させるように打つのでエクスプロージョンと呼ばれます。うまくいくとアマチュアでもバックスピンの効いたボールが打ててしまうことが結構あるのもバンカーショットの特徴です。バックスピン量は砂の取る量を調節することで変わります(ボールの手前の幅を大きくし砂を多く取るとスピン量は少なくなります)。