トップページ > ゴルフのルール > コースデビューのルール > スコアの付け方

スコアの付け方

 ゴルフではティーグラウンドで第1打を放ってからカップに球を入れるまでの打数をそのホールのスコアとして記録します。もちろん空振りも1打としてカウントします。また、カップのすぐ近くに止まった場合に「OK」を出すプライベートルールもよくありますが、その場合はOKの後に1打で入ったこととします(3打目を打ってOKを貰ったら、そのホールのスコアは4打ということ)。
 各ホールはPAR(パー)3、PAR4、PAR5となっており(基本的にはこの3種類)、パーが規定打数ということになっています。つまり規定打数でカップインすれば、そのホールは『パー』ということです。スコアの呼び方は規定打数を基準に以下のようになります
・規定打数±0 → パー
・規定打数-1 → バーディー
・規定打数-2 → イーグル
・規定打数-3 → アルバトロス
・規定打数+1 → ボギー
・規定打数+2 → ダブルボギー
・規定打数+3 → トリプルボギー

 1打でカップインすることをホールインワンと呼びます。パー3でのホールインワンはイーグル、パー4でのホールインワンはアルバトロスということになります。パー5で2打目がカップインすることもまたアルバトロスです。ホールインワンよりアルバトロスの方が難しい(確率が低い)ものなのです。