rockpine

厳しくなった規則も

どちらかと言えばプレーヤーにとって易しくなった印象を受ける2019年の規則改正ですが、幾つかはプレーヤーにとって厳しくなったものもあります。

方向を確認するために物を置いてスタンスを取る(2罰打)

キャディを後方に立たせてスタンスを取る(2罰打)

ボールマーカーを取り除かずにプレーする(1罰打)

球探しに許される時間が3分間に短縮

レッドペナルティエリアのラテラル救済に「対岸」がなくなった

プレーの線を跨いでプレーすることがグリーン外にも適用?

クラブを置いてスタンスイメージ

方向を確認するためにクラブを置いてスタンスを取る、キャディが後方にいる時にスタンスを取る、これらはその後でクラブを取り除いたり、キャディが退いても罰を免れることはできません(一般の罰:ストロークプレーは2罰打、マッチプレーはそのホールの負け)。女子プロでお馴染みのキャディが後方に立って確認する光景は、再び規則が変わるか、誤ってそうでもしない限りもう見ることはないでしょう。グリーン上の球については例外として、キャディが後方にいる状態でスタンスを取っても一旦スタンスを解いてキャディがいない状態でスタンスを取り直せば罰はない、としています。ボールマーカーを取り除かずにプレーした場合は1罰打ですが、ボールマーカーを取り除いていなくもリプレースされた球はインプレーになる点については変わりありません。球探しの時間は3分間に短縮、より速やかなプレーのペースが期待されます。「厳しくなった」という程でもないのが、レッドペナルティエリアの対岸の処置が原則として無くなったことと、プレーの線や後方延長線上を踏んだり跨いだりしてプレーすることを禁止する規則がグリーン上に限らなくなったことです。2018年の規則16-1eではパットの線やその後方延長線上を跨いだり踏んだりしてストロークすることを禁止していましたが、2019年の規則10.1cではプレーの線やその後方延長線上を跨いだり踏んだりしてストロークすることを禁止しており、特にグリーン上に限ってはいません。この規則の文言からすると、例えば木の間にあるような球を、股の下を抜くような打ち方で打つと違反になる(一般の罰)ということになります。

撮影:長野カントリークラブ PGA東直樹プロ


ページトップへ戻る