トップページ > ゴルフのルール > 本格派のゴルフ規則 > 規則8・アドバイス、プレーの線の指示

規則8・アドバイス、プレーの線の指示

規則8-2・プレーの線の指示

8-2a・パッティンググリーン上以外
グリーン上以外では、誰からでもプレーの線の指示を受けることが出来ます。ただし、ストロークする時はプレーの線の指示を取り除かなければいけません。この違反は2打罰となります。

【物でプレーの線を示す】
プレーの線の指示は人によってとは限りません。例えば打ち出したい方向にクラブを置き、それに平行にスタンスを作ることもプレーの線の指示になります。この場合、ストロークする前にクラブを取り除けば罰はありませんが、そのまま打つと違反となります。

8-2b・パッティンググリーン上
球がグリーン上にある場合、(ダブルスの)パートナーやキャディはパッティングライン(パットを打つ方向)を示すことが出来ます。ただし、この際グリーン面(パットの線とは限らずグリーン面全体)に触れてはならず、また、ストロークする時は示していてはいけません。また、パッティングラインを示すマークなどを置くことも認められません。違反は2打罰となります。プレーヤーの球がグリーンの外にある場合はグリーン面にクラブなどを付けてプレーの線を示しても、ストロークする前に取り除けば罰はありません。
(類似規則⇒規則16-1パットの線に触れること