トップページ > ゴルフのルール > 本格派のゴルフ規則 > 規則6・プレーヤー

規則6・プレーヤー

規則6-7・不当の遅延;スロープレー

ゴルフはプライベートゴルフにおいてもスロープレーにならないようにすることが最低限のマナーですが、ルール上でも罰則が規定されています。ゴルフ規則では不当に遅延するようなことがあった場合、初回は2打罰、以降同じような遅延があったら競技失格となっています。また、プレーのペースについては各競技でガイドラインを設けることが出来るようになっており、これに対する違反も初回は2打罰、以降は競技失格の罰が適用されます。
プレーのペースに関しては、初回の違反を1打罰、2回目の違反を2打罰、3回目の違反を競技失格と変更することも認めています。
マッチプレーでは初回の違反はそのホールの負け、以降の同じ違反は競技失格となります。