トップページ > ゴルフのルール > 本格派のゴルフ規則 > 規則6・プレーヤー

規則6・プレーヤー

規則6-5・球

正球をプレーする責任はプレーヤー自身にあるため、ゴルフ規則では球に識別マークを付けるべきとしています。識別マークは特に決まりがないため好きなようにマークすることが出来ます。識別マークがないために他の同じブランドを使用している同伴競技者の球と区別がつかないような場合(どちらかであることが確実でもどちらかを確定出来ない場合)、紛失球(規則27-1)として扱わなければならないので、そのリスクを回避するためにもマークをしておくこと推奨しています。