トップページ > ゴルフのルール > 本格派のゴルフ規則 > 規則6・プレーヤー

規則6・プレーヤー

規則6-4・キャディー

キャディは、プレーヤーのクラブを運んだり扱ったり、プレーする上でプレーヤーを助ける(アドバイス等)人のことをさし、競技規定でキャディーを使うことが認められている場合は1人使うことが出来ます。ゴルフ規則では、キャディ―を2人以上使うことは認められておらず、もし2人以上のキャディ―を使った場合、マッチプレーではマッチの状態を差し引くことで調整(上限2ホール分)、ストロークプレーでは1ホールにつき2打罰(上限4打)が課せられます。

【クラブ運搬・カート運転はキャディー扱い】
クラブの運搬だけのために人を雇ったり、カートの運転だけのために人を雇っても、その人はキャディ―とみなされます。つまり、既にキャディ―がいる状態でそのキャディ―とは別にカートを運転してもらうためだけに人を使うとキャディ―を2人使用したことになり上記の罰則が適用されることになります。

【傘、飲食物のみの運搬はキャディー扱いとはならない】
傘や飲食物を運ぶ目的のみでキャディ―以外の人を使用しても2人のキャディーを使用したことにはなりません。ただし、競技委員会はこのような人の使用を禁止することができ、競技の条件でこのような人を使用することを禁止しているにもかかわらず使用した場合には該当する罰が付きます。