トップページ > ゴルフのルール > 本格派のゴルフ規則 > 規則4-4・クラブは最高14本まで

本格派のゴルフ規則

規則4-4・クラブは最高14本まで

a.クラブの選定と補充
クラブの本数は14本までとなっています。これを超えるクラブを持っていた場合、1ホールにつき2打の罰(上限4打)がつきます(マッチプレーでは違反を発見した時点でマッチの状態を上限を2ホール分として差し引く)。またそのコースでプレーしている他のプレーヤーが使用するつもりで持ち運んでいるクラブを加えたり借りたりすることも同様の違反となります。超過クラブや違反となるクラブを持っていることに気付いた場合は、速やかに以降超過分のクラブを使用しないことを宣言しなければなりません。これを怠ると競技失格となります。

b.パートナー同士のクラブの共用
ダブルス競技のパートナー同士であれば、クラブを共用することができますが、その場合は14本以内でなければなりません。『それぞれのプレーヤーが14本ずつもっており、それを互いに共用できる』というわけではなく、1人分の14本以内のクラブを2人で共用して使用することができる、ということです。

c.超過クラブの不使用宣言
14本を超えるクラブを持っていた場合、その違反に気付き次第、プレーヤーは以降使用しないクラブについて『不使用宣言』をしなくてはなりません。違反に気付いたにもかかわらず不使用宣言をしなかった場合は競技失格となります。

超過クラブの違反の例
【例1】
15本のクラブを持ってラウンドをスタートしました。1ホール目を終わりその事に気づき、1本を不使用宣言してラウンドを終えました。
 →ストロークプレー:2打罰(1ホール分の罰)
 →マッチプレー(AとBのマッチでAが違反した場合):Aが…
 1アップならオールスクエア
 オールスクエアなら1ダウン
 1ダウンなら2ダウン  

【例2】
15本のクラブを持ってラウンドをスタートしました。8ホール目でその事に気づき、1本を不使用宣言してラウンドを終えました。
 →ストロークプレー:4打罰(2ホール分の罰)
 →マッチプレー(AとBのマッチでAが違反した場合):Aが…
 3アップなら1アップ
 2アップならオールスクエア
 1アップなら1ダウン
 オールスクエアなら2ダウン

【例3】
15本のクラブを持ってラウンドをスタートしました。最後までその事に気付かずにラウンドを終えました。
 →ストロークプレー:4打罰(2ホール分の罰)
 →マッチプレー:(AとBのマッチでAが違反した場合):Aが…
 3アップなら1アップ
 2アップならオールスクエア
 1アップなら1ダウン
 オールスクエアなら2ダウン
 (例2と同じ)  

【例4】
15本のクラブを持ってラウンドをスタートしました。7ホール目でその事に気づきましたが、もはや上限の4打罰は変わらないと思って不使用宣言をしませんでした。
 →ストロークプレー:競技失格
 →マッチプレー:競技失格

【例5】
スタート直前に15本のクラブがあることに気づいたので使用しないクラブを不使用宣言してからスタートしてラウンドを終えました。
 →罰無し

 マッチプレーでは「そのホールの負け」ではなく、上記のようにマッチの状態を差し引くことで調整します。例えば1ホール目の途中でAの超過クラブが発見された場合はAがそのホールの負けとなるのではなく、その時点でAが1ダウンとなります。つまり、1ホール目でAが勝てばオールスクエアとなります。