トップページ > ゴルフのルール > 本格派のゴルフ規則 > 規則34-3・委員会の裁定

規則34・紛議を裁定

規則34-3・委員会の裁定

(JGAゴルフ規則より)
レフェリーを委嘱していない場合は、規則に関してどのような疑問点や争点も委員会に意見を求めなければならず、委員会の裁定は最終である。
委員会が裁定を出せないときは、委員会はその疑問点や争点をR&Aゴルフルール委員会(日本では、日本ゴルフ協会の規則委員会(以下「JGA規則委員会」という))に照会することができる。JGA規則委員会の裁定は、最終である。
疑問点や争点について委員会よりJGA規則委員会へ照会されていなかった場合、プレーヤーは関係当事者の同意を得た供述書を、ゴルフ倶楽部(以下「倶楽部」という)の代表者を通じ、JGA規則委員会に送り、委員会の裁定の正誤につきJGA規則委員会の意見を求めることができる。その回答は当該倶楽部(または関係各倶楽部)の代表者宛に送られる。
プレーがゴルフ規則に従って行われたものでない場合には、JGA規則委員会はどのような質問にも裁定を与えない。