トップページ > ゴルフのルール > 本格派のゴルフ規則 > 規則32・ボギー競技、パー競技、ステーブルフォード競技

規則32・ボギー競技、パー競技、ステーブルフォード競技

規則32-1・競技規定

ボギー競技、パー競技、ステーブルフォード競技はそれぞれ規則32-1と規則32-2で定められた以外はストロークプレーの規則を適用します。

a.ボギー競技とパー競技
ボギー競技ではそのホールのスコアがボギーかボギーより良ければそのホールの勝ち、ボギーよりも多ければ負け、同様にパー競技ならそのホールのスコアがパーかパーより良ければそのホールの勝ち、パーより多ければ負け、としてトータルの勝ち負け数で競う競技です。
マーカーは競技者のスコアについて、(ハンディ戦ならハンディを考慮したネットスコアで)勝ちとなるホールのグロススコアだけ記入する責任があります。
パー競技とボギー競技で規則4-1規則4-2規則4-3規則4-4規則6-4の競技失格以外の罰、またはローカルルールで上限のある罰がある場合、違反があればマッチプレー同様に勝ちホール数を差し引くことで勝敗数を調整します。
例えば、パー競技でパーかパーより良いホール(勝ちホール)が13ホールあった場合で、クラブを15本持っていたことに気付かずにラウンドしていた場合、上限の2ホールを調整して勝ちホールが11ホールということになります。

b.ステーブルフォード競技
ステーブルフォード競技とは各ホールの決められたスコアを基準に点数を付けて総得点で競う競技です。得点の付け方は決められたスコアを基準に以下の通り。
+2打以上または申告なし・・・0点
+1打・・・1点
±0・・・2点
−1打・・・3点
−2打・・・4点
−3打・・・5点
−4打・・・6点
マーカーは競技者の得点が1点以上のホールに関してのみそのホールのスコアを記入する責任があります。上限のある罰に関する違反をした場合はそのホールで2点差し引きます(上限4点まで)。