トップページ > ゴルフのルール > 本格派のゴルフ規則 > 規則31・フォアボール・ストロークプレー

規則31・フォアボール・ストロークプレー

規則31-6・サイドに対する罰

フォアボール・ストロークプレーにおいてあるプレーヤーが以下の違反を犯した場合、そのパートナーも該当する罰を受けます。
・規則4:クラブ
・規則6-4:キャディ
・1ラウンドにつき罰の限度があるいかなるローカルルールあるいは競技の条件
上記のような規則違反は、サイド全体の罰として捉えられます。そのため、当該プレーヤーだけでなくパートナーも該当する罰を受けます。もし、当該プレーヤーのみ罰が課され、パートナーには罰が課されないようなら、上記の規則違反をしてもサイドのスコアに何ら影響が出ない可能性も高くなってしまいます。