トップページ > ゴルフのルール > 本格派のゴルフ規則 > 規則2・マッチプレー

規則2・マッチプレー

規則2-2・ハーフのホール

 ハーフのホールとは、マッチプレーで同じ打数でホールアウトした場合、つまり引き分けた場合のホールのことをさします。マッチプレーでは規則違反をするとそのホールの負けとなるケースがいくつもありますが、以下のケースではハーフとなります。

『プレーヤーはホールアウトしており、相手が次のストロークでホールに入れるとハーフになる状況で、ホールアウトしているプレーヤーが規則違反をした場合』

 例えば、プレーヤーAがホールアウト後に相手であるプレーヤーBにパットラインを示した場合、規則8-1の違反でホールアウト前にすればそのホールの負けとなりますが、このような条件下ではハーフとなります。