トップページ > ゴルフのルール > 本格派のゴルフ規則 > 規則29・スリーサムとフォアサム

規則29・スリーサムとフォアサム

規則29-2・マッチプレー

スリーサムとフォアサムのマッチプレーでは、プレーの順番を間違えるとそのホールの負けとなります。 プレーヤーAとプレーヤーBがチームの場合、そのホールの1打目は
1H → A
2H → B
3H → A
4H → B
5H → A
といったように交互にプレーし、またそのホールのプレーの順番も
1打目 → A
2打目 → B
3打目 → A
といったように交互に打っていかなければならず、これに違反すると即刻そのホールの負けとなります。ただし、既にプレーを終えている前のホールで違反があったことに後で気付いた場合にはマッチプレーでは罰がありません。
規則2-5・マッチプレー/処置についての疑問;紛議とクレーム参照