トップページ > ゴルフのルール > 本格派のゴルフ規則 > 規則24・障害物

規則24・障害物

規則24-3・障害物の中で見つからない球

明らかに動かせる障害物または動かせない障害物の中で球が紛失した場合は規則24-1・動かせる障害物または規則24-2・動かせない障害物と同様の方法で救済を受けることが出来ます。この際、球の位置は球が障害物の外側を最後に横切った箇所として処置しなければなりません(ウオーターハザードからの救済の際に、球が最後にハザードの限界を横切った地点を基点としますが、それと同様の考え方で基点となる球の位置を決定します)。

◆動かせる障害物の中で見つからない球
動かせる障害物を取り除いた上で、動かせる障害物を最後に横切った地点の真下にドロップ(グリーン上ではプレース)します。

◆動かせない障害物の中で見つからない球
動かせない障害物を最後に横切った地点に球があったものとみなして他は規則24-2・動かせない障害物と同じ処置をします。ウオーターハザード内の動かせない障害物の中で球が見つからない場合は「動かせない障害物からの救済」を受けることは出来ず、1打罰で規則26-1・ウオーターハザードからの救済を受ける他ありません。

【入口がOB区域にある排水管に球が入ってしまった場合】
プレーヤーの球がOB区域に入口(OBの境界線のすぐ近く)のある排水管に入ってしまいました。その排水管はコースの内側方向へ続いており、境界線のすぐ近くにある入口から覗いて球が見えなかったのでインバウンズ内に球があることは確実でした。この場合、排水管は動かせない障害物なので救済を受けることが出来ます。排水管はインバウンズの部分が障害物であり、OB区域にある部分は障害物とはならないため、球が障害物の外側を最後に横切った地点は排水管とOBの境界線の交わる箇所ということになります。プレーヤーはそこを基点にニアレストポイントを決め(排水管が地中に埋まっている場合は基点がニアレストポイントとなる)1クラブレングスの範囲内でホールに近付かない場所に球をドロップしなければなりません。
排水管の中で球が見つかった場合(インバウンズの場合)は、球の真上を基点として動かせない障害物からの救済処置を取ることになります。