トップページ > ゴルフのルール > 本格派のゴルフ規則 > 規則24・障害物

規則24・障害物

規則24-1・動かせる障害物

動かせる障害物罰無しにその障害物を取り除くことが出来ます。動かせる障害物を取り除く行為が直接的な原因となって球を動かした場合は罰無しで元の位置にリプレースします(リプレースしないと2打罰)。球が動かせる障害物の中や上にある時は障害物を取り除き、元の球の位置の真下に出来るだけ近いところにドロップ(グリーンではプレース)します。障害物からの救済で球を拾い上げた場合は球を拭くことが出来ます。球の取り替え(規則15-2)は、救済を受ける際にすぐに球を取りだせない場合に限り認められます。それ以外の場合は球を取り替えることは出来ません。

【球が動いている時は取り除けない】
球が動いている時に球の動きに影響を与えるかもしれないような障害物を動かすことは認められません(違反は2打罰)。結果的に球の動きに影響を与えなかったとしても罰がつきます。ただし人が付き添っていたり取り除かれたりしている旗竿、プレーヤーたちの携帯品は無罰で動かすことができます。

【障害物を取り除くと球が動きそうな場合】
急斜面でバンカーレーキに球が寄りかかっているような場合、障害物を取り除くと球が動いてしまう場合があります。球が動いても罰無くリプレースすれば良いのですが、このような場合、元の球の位置を明確にしておくためにマークするべきです。球が動かないように手で押さえながら障害物を取り除くと規則18-2の違反で1打罰となります。