トップページ > ゴルフのルール > 本格派のゴルフ規則 > 規則19・動いている球が方向を変えられたり止められた場合

規則19・動いている球が方向を変えられたり止められた場合

規則19-2・プレーヤーやパートナー、またはそのキャディや携帯品により

プレーヤーやそのキャディ、あるいは携帯品によって動いている球が偶然に止められたり方向を変えられたりした場合は1打罰で球はあるがままの状態でプレーしなければなりません。プレーヤ―やキャディが故意に球を止めたり方向を変えた場合は規則19ではなく規則1-2「球に影響を及ぼす行動」の違反で2打罰(違反が重大なら競技失格)となります。

【自分のキャディーに球が当たってOBになった】
インバウンズに立っていた自分のキャディーに球が当たってOBとなった場合、球はそのままOBとして扱われるので、自分のキャディーに当てた1打罰にOBの処置として更に1打罰を追加して元の場所から打たなければなりません。反対にOB区域に立っていた自分のキャディーに球が当たってインバウンズになった場合、キャディーに当てた1打罰のみでそのままプレーします。

【1回のストロークで2回以上当たる】
1回のストロークで自分のキャディーや携帯品などに跳ね返るなどして2回以上球が当たった場合、罰は1打罰となります。

【共用している乗用カートやキャディの携帯品】
共用しているカートや共用のキャディ(とその携帯品)は基本的にプレーヤー側のものとしてみなされ局外者扱いにはなりません。従ってこれらのものに球が当たった場合も1打罰となります。ただし、カートが他プレーヤーによって運転されていたり他プレーヤーのために動かされていた場合は局外者扱いとなり、この場合は当たっても無罰です。
また共用のキャディがグリーン周りに同伴競技者のパターを置いておき、それにプレーヤーの球が当たった場合、キャディが自らの意思でパターをそこに置いた場合は、たとえプレーヤーのパターでなくてもプレーヤーの携帯品とみなされ1打罰となってしまいます。キャディが同伴競技者の指示によりパターをそこに置いたのであればプレーヤーに罰はありません。

【中や上に球が止まった場合】
プレーヤーやキャディあるいはその衣服や携帯品などの中や上で球が止まった時は、止まった地点の真下に出来るだけ近くでホールに近付かない個所にドロップ(グリーン上ではプレース)しなければなりません。

【キャディが持っているコース上の備品】
バンカーレーキのようなコースに常備されているものは常に局外者として扱われます。しかし、自分のキャディが持っているバンカーレーキなどに球が当たって止められた場合は規則19-2の違反により1打罰で球はあるがままの状態でプレーしなければいけません。

【局外者に当たったあとにプレーヤ―の携帯品などに当たる】
球が局外者に当たった後にプレーヤーや共用のキャディに当たった場合、局外者に当たったことは無罰ですが、その後にプレーヤーや共用のキャディに当たったことに対する1打罰が付きます。