トップページ > ゴルフのルール > 本格派のゴルフ規則 > 規則18・止まっている球が動かされた場合

規則18・止まっている球が動かされた場合

規則18-3・マッチプレーで相手またはそのキャディや携帯品により

a.捜索中のとき
マッチプレーで相手またはそのキャディ―や携帯品によりプレーヤーの球が動かされた場合、それがプレーヤーの球を捜索中であったなら相手に罰はなくプレーヤーの球はリプレースされなければならなりません。

b.捜索中以外のとき
プレーヤーの球の捜索中以外の場合は、他の規則で球を動かしても罰とならないと規定されていない場合を除いて相手は1打罰が課せられ、プレーヤーの球はリプレースされなければならなりません。

【ストロークの結果、相手の球を動かしてしまう場合】
自分の球をストロークした結果、ディボットや砂などが近くにあった相手の球に当たって球を動かしてしまった場合、ストロークする前に予めそうなる可能性を予想出来るような状況であったならプレーヤーは本規則により1打罰を受けます。そうなることが予想出来るような状況ではなかったら罰はありません。どちらの場合も相手は動いた球をリプレースしなければなりません。このように相手の球を自分のストロークによって動かしてしまうことが予め予想出来る場合は規則22-2に従い相手に球を拾い上げてもらうように要求できます。