トップページ > ゴルフのルール > 本格派のゴルフ規則 > 規則17・旗竿

規則17・旗竿

規則17-4・旗竿に寄りかかっている球

球が旗竿に寄りかかってホールに入っていない場合、プレーヤーあるいはプレーヤーの許可した人が旗竿を動かして球をホールに入れれば最後のストロークでホールに入ったものとみなされます。ホールに入らなかった場合は罰無しで球をホールのふちにプレースします。ホールのふちにプレースせずに球が止まったところから打つとストロークプレーでは2打罰となります。

【旗竿に寄りかかってホールに入っていない球を拾い上げた場合】
インプレーの球をマークせずに拾い上げたことにより規則20-1の違反で1打罰となります。球は元のように旗竿に寄りかかるようにリプレースしなければなりません。

【同伴競技者や(マッチプレーの)相手が勝手に旗竿を動かしてホールの外に球が転がり出た場合】
・ストロークプレーでは誰にも罰はなく球を元の状態にリプレースしなければなりません(規則18-4)。
・マッチプレーでは相手に1打罰が課せられ、球は元の状態にリプレースしなければなりません(規則18-3