トップページ > ゴルフのルール > 本格派のゴルフ規則 > 規則16・パッティンググリーン

規則16・パッティンググリーン

規則16-1e・パットの線を跨いだり踏んで打つ

グリーン上でストロークする際は、パットの線やその後方延長線を跨いだり踏んだりするスタンスでストロークを行ってはいけません。違反は2打罰(マッチプレーではそのホールの負け)。これは、クリケットと呼ばれるスポーツで取られるスタイルでの打ち方を禁止したもので、他のプレーヤーのパットの線を踏まないようにする目的でパットの線やその後方延長線を踏んだり跨いでも罰はありません。

【パットの線とは】
グリーン上からプレーした球が通ると予想されるラインのことをさします。つまり、傾斜によって右か左に曲がると予想している場合は、そのように曲がる曲線がパットの線となります。必ずしもホールに向かって一直線になるとは限りません。