トップページ > ゴルフのルール > 本格派のゴルフ規則 > 規則16・パッティンググリーン

規則16・パッティンググリーン

規則16-1d・グリーン面のテスト

ラウンド中は、球を転がしたり表面をこすったりするなどしてグリーン面をテストするような事はしてはいけません。違反は2打罰(マッチプレーではそのホールの負け)となります。単純に手をグリーン面に置いただけの場合、「規則16-1a・パットの線に触れること」に違反していなけれ罰はありません。
※競技規定で禁止されていなければホールとホールの間で練習グリーンや最後にホールアウトしたグリーンにおいてグリーン面をテストすることは認められています。

【疑わしい行動をとらないようにすべき】
マークして拾い上げた球をキャディ―に渡す時にグリーン面を試す意図がなく転がして渡した場合は罰はありませんが、誤解を招かないためにも転がさずに渡すようにすべきです。たとえグリーン面のテストの意図がなくても明らかにそうであることが証明できないような場合は罰を課せられる可能性があります。『疑わしきは罰せず』という言葉がありますが、審判のいないゴルフの場合『疑わしきはプレーヤ―の不利に解釈する』ことが多いものなのです。