トップページ > ゴルフのルール > 本格派のゴルフ規則 > 規則16・パッティンググリーン

規則16・パッティンググリーン

規則16-1c・ホールの埋跡、ボールマーク、その他損傷の修理

グリーン上にある古いホールの跡やボールマーク(ピッチマーク)はいつでも直すことが出来ます。これら以外の傷でプレーに影響するものを直すことは認められていません。パットの線上にあるスパイクマークを直した場合はこの違反に該当し2打罰(マッチプレーではそのホールの負け)となります。

【古いホール跡やボールマークの修復中】
古いホール跡やボールマークを直している時は、球やボールマーカーが動いてしまった場合は無罰でリプレース、パットの線に触れても無罰です。ただし、古いホール跡やボールマークを修復していることが直接的な要因となっている場合に限ります。前方にあるボールマークを直そうとして歩き出した時にボールを蹴って動かしてしまったような場合は直接的な原因とは言えず、インプレーの球を動かしたことに対し1打罰を受けます。

【自分の球が止まった後に同伴競技者によって傷がつけられる】
自分の球がグリーン上に止まり、パットラインを読んでいたところ、同伴競技者が偶然足を引きづってしまい、プレーヤーのパットの線にスパイク跡をつけてしまいました。このような場合、プレーヤーはその傷を直すことができます。自分の球が止まった後に、同伴競技者やギャラリーなどの生きている局外者の故意あるいは過失によって傷が付けられた場合は修復することができるのです。

【コース保護のためにホールアウト後に修復】
スパイクマークが酷い場合は、自分や同伴競技者がホールアウトした後に修復すれば誰にも罰はなく後続組のためにもなります。