トップページ > ゴルフのルール > 本格派のゴルフ規則 > 規則16・パッティンググリーン

規則16・パッティンググリーン

規則16-1b・球を拾い上げて拭く

グリーン上の球は拾い上げて拭くことが出来ます。拾い上げる際は必ずマークし、元の場所にリプレースされなけれななりません。マークしないで拾い上げた場合は1打罰、拾い上げた球をリプレースしなかった場合は誤所からのプレーで2打罰(マッチプレーではそのホールの負け)となります(規則20-1・球の拾い上げとマーク)。

【他の球が動いている時に拾い上げる】
他の球が動いている時に、その球の動きに影響を与える可能性がある場合は球を拾い上げてはいけません。全く関係のない場所にある球で、動いている球に影響を与える可能性がなければ拾い上げても問題ありません。

【他の球が動いている時にリプレースする】
他の球が動いている時に自分の球をリプレースした場合、動いている球の動きに影響を及ぼす目的でなければ罰はありませんが、影響を及ぼす意図があった場合規則1-2の違反により2打罰となります。動いている球の動きに影響を及ぼす目的でなく球をリプレースした結果、動いている球が当たった場合、動いていた球は規則19-5が適用されるため球をあるがままの状態でプレー、当てられた球はリプレースしなければなりません。球をリプレースしたのが動いている球の動きに影響を及ぼす目的であった場合は、動いていた球を打ったプレーヤーはストロークした場所がグリーン上以外からであった場合は球の止まっていたであろう箇所を推定してプレース(その場所がグリーン上以外になるならドロップ)、ストロークした場所がグリーン上であった場合はそのストロークを取り消してリプレースして再プレーしなければなりません(規則19-1参照)。