トップページ > ゴルフのルール > 本格派のゴルフ規則 > 規則16・パッティンググリーン

規則16・パッティンググリーン

規則16-1a・パットの線に触れること

球がグリーン上にある場合、原則としてパットの線に触れることを禁じています。違反は2打罰(マッチプレーではそのホールの負け)となります。ただし、以下の場合のみ触れても罰はありません。

1.ルースインペディメントの除去
2.アドレス時にクラブを球の前に置く行動
3.距離の測定(規則に従って処置するような場合。パットのタッチを決めるために球からホールまでの距離を測ることは含まれない)
4.球の拾い上げとリプレース
5.ボールマーカーを押さえつける時
6.古いホール跡やピッチマークを直す時
7.動かせる障害物を取り除く時


【直せる傷、直せない傷】
グリーン上で直せる傷は、原則的にはボールマークと古いホールの埋跡のみとなります。ただし、プレーヤーの球がグリーン上に止まった後にパットの線上に同伴競技者によってスパイクマークがつけられたような場合はその傷を修復することが認められます。プレーヤーは誰でも自分の球が止まった時点の状態でプレーする権利があるからです。
また、パットの線上に木の枝(ルースインペディメント)があり、固く食い込んでいるわけではなく地面に押し込まれていた場合、それを取り除くことは可能ですが取り除いた後にできる木の枝の跡は直すことが出来ません。

【パットラインを読む時に注意すべきこと】
パットラインを読む時に予想されるパットラインを踏む行為も違反となるので、球とホール間を行き来する時は、予想されるパットラインよりも大きく外して歩くべきです。ただし、偶々気付かずに踏んでしまった程度でパットの線が改善されるようなことがなければ罰はありません。

【パットの線を示す場合の注意点】
キャディがパットの線を示す場合や、ダブルス競技などでパートナーにパットの線を示す場合はパットの線はもちろん、グリーン面に触れると違反となります(規則8-2b)。通常はホールもパットの線の一部とみなされるので、パット前にホールの内側に触れるような行為も違反となります。

【露、霜、カジュアルウオーターを取り除くことは出来ない】
露や霜はルースインペディメントではないので取り除くことは出来ません。またカジュアルウオーターは規則25-1の救済を受けることは出来ますが取り除くことは出来ません。露や霜、カジュアルウオーターを取り除くと2打罰が課せられます。ただし、球の拾い上げやルースインペディメントの取り除きなど、上記の「パットの線に触れても罰がつかない行為」が直接的な原因となって露や霜が取り除かれた場合は罰はありません。