トップページ > ゴルフのルール > 本格派のゴルフ規則 > 規則14・球の打ち方

規則14・球の打ち方

規則14-5・動いている球をプレーした場合

まだ止まっていない球を意図的に打った場合は規則14-5の違反となり2打罰(マッチプレーではそのホールの負け)となります。ただし、ストロークやバックスイングを開始した後に球が動き、そのまま打ってしまった場合は規則18-2が適用となります。また、木などに跳ね返ってきた球を偶然打ち返してしまった場合などは規則19-2が適用されます。

ただし、以下の場合は例外となります。
・ティーから落ちている最中の球(まだインプレーとなっていない球) 規則11-3参照
・2度打ちの球(1打罰) 規則14-4参照
・ストロークやバックスイングを始めた後に動きだし、そのまま打った場合(ただしプレーヤーが原因とみなされれば規則18-2の1打罰が課される)
・水中の中で動いている球(無罰) 規則14-6参照