トップページ > ゴルフのルール > 本格派のゴルフ規則 > 規則14・球の打ち方

規則14・球の打ち方

規則14-4・2度打ち

1回のストロークで2回以上球を打ってしまった場合には1打罰となります。2度打ちも3度打ちも(それ以上も)同じく規則14-4の違反で1打罰となります。1ストローク+1打罰なので2度打ちをした場合は合計2ストロークとなります。
打った球が木などに跳ね返ってクラブに当たった場合は2度打ちとはなりませんが規則19-2に該当して1打罰となります。またダフった後、つまり直接球とクラブが当たらなかった後、その球が動いている間にもう一度クラブヘッドが球に当たってしまったような場合は2度打ちとなります。