トップページ > ゴルフのルール > 本格派のゴルフ規則 > 規則13・球はあるがままの状態でプレー

規則13・球はあるがままの状態でプレー

規則13-4・球がハザード内にある場合;禁止行為

球がハザードにある場合やハザード内で拾い上げられた球をそのハザード内にドロップする場合、次のこと(禁止行為)をすると2打罰(マッチプレーではそのホールの負け)となります。
a.そのハザード、または同じようなハザードで状態をテストすること(バンカーをならす行為も含まれる)。
b.ハザード内の地面や水面にクラブや手で触れること。
c.ハザード内のルースインペディメントに触ったり、それを動かすこと(偶然、動かしてしまった場合や仕方のない場合、例えば球のところに行くまでにルースインペディメントに触れずに行くことが不可能な場合などで規則13-2の違反になるようなことがなければ無罰)。


【ハザード内の地面に触れても罰が付かないケース】
転んだり転びそうになり地面に触れたりクラブを杖代わりにして地面についた場合は、ライの改善などがなければ罰はありません。また規則に基づいてマークしたりプレースしたりするような場合も罰はありません。使わないクラブをハザード内に置くことも罰はありません。

【バンカーをならす行為】
単にコース保護の目的で規則13-2の違反とならなければ球があるハザード内の砂や土をいつでも修正することが出来ます(2012年改訂)。同じバンカー内で球から離れていてライやスタンス・スイング区域、プレーの線に無関係の場所にある足跡を均すような場合がこれにあてはまります。
また、ハザードからプレーした球がそのハザードの外に出た場合は制限なしにそのハザード内の砂や土をならすことが出来ます。例えばバンカーから後方に脱出した後、バンカー内の足跡などがプレーの線にかかったとしてもならすことが出来ます。それから、バンカー(ハザード)からストロークした球が他のバンカー(ハザード)に入った場合も同様でストロークしたバンカーの砂はいくらでもならすことができます。

【ハザード内でクラブや手が触れても良い物】
障害物や生長物、コースと不可分の部分(コースになくてはならないものと制定されているもの)はハザード内に球がある時にクラブや手で触れても罰はありません。例えば、ウオーターハザード内の橋(動かせない障害物)の上にある球を打つ場合にクラブをソールしても罰はありません。

【バンカーから脱出に失敗した後でクラブを地面に付けた場合】
バンカー内にある球を打ったところミスショットしたプレーヤーがバンカーの砂にクラブを叩きつけた場合、規則13-4の違反で2打罰となります。球が一旦バンカーから出たものの傾斜などで戻ってきてしまった場合は、球がバンカーの外にある間にクラブを地面から離せば罰はありませんが、球がバンカー内に入った時にまだクラブが砂に触れていれば2打罰となります。

【バンカー内から打った球がOBでバンカー内にドロップする場合】
バンカーから打った球がOBや紛失球となり規則27-1によって前回の箇所に近いところにドロップする際、前回のストロークやスタンスの跡をならすことは問題ありません。規則13-4の違反は球がハザード内にあるか、ハザード内で拾い上げられた球をそのハザード内にドロップやプレースする場合に適用されます。OBや紛失球によるドロップはこれにあてはまりません。