トップページ > ゴルフのルール > 本格派のゴルフ規則 > 規則13・球はあるがままの状態でプレー

規則13・球はあるがままの状態でプレー

規則13-3・スタンスの場所を作る

地面の状況を変えたり、物を置いたりすることによってスタンスの場所を作ることは認められません。
例えば、ライが悪いから構えやすくなるように石を足の下に置いたり、湿った地面に膝まづいてショットをしなければならない場合に地面にシートを敷くといった行動はスタンスの場所を作ることになり、そのままストロークした場合は2打罰となります(ストローク前に取り除けば無罰)。

【取り消すことができない場合・できる場合】
片方の足場が盛り上がっているからといって削り取ったり、正常なスタンスを取るのに必要以上に地面に足を潜り込ませたりすると、前の状態に正確に復元することは実質的に不可能となるので、このような場合はそのような行動をとった時点で2打罰となります。一方で、足の下に物を置いてスタンスの場所を作った場合、ストローク前に取り除けば違反とはなりません。