トップページ > ゴルフのルール > 本格派のゴルフ規則 > 規則11・ティーインググラウンド

規則11・ティーインググラウンド

規則11-2・ティーマーカー

ティーマーカーはティーグラウンドの区域を定めるために設置されています。ティーグラウンドの区域はティーマーカーからクラブ2本分後方までの四角い範囲で、ティーマーカーの外側がティーグラウンド区域の境界となります。ティーマーカーは、そのホールの1打目のティーショットを打つ前は固定物とみなされるので動かすことは出来ません。スイングやスタンスなどの邪魔になるからといって動かした場合は2打罰(マッチプレーではそのホールの負け/規則13-2の違反)となります。この場合、戻しても罰が取り消されることはありません。ティーショット後は障害物となるので邪魔な場合は動かすことが出来ます(動かせない場合は無罰で救済を受けることが出来ます)。
規則24-1動かせる障害物
規則24-2動かせない障害物