トップページ > ゴルフのルール > 本格派のゴルフ規則 > 規則10・プレーの順番

規則10・プレーの順番

規則10-3・ティーグラウンドからの暫定球や他の球

ティーショットが紛失やOBの恐れがある場所に行った場合の暫定球や、明らかにOB区域に行ってしまった場合に1打罰でティーグラウンドから打ち直す場合、同組の他のプレーヤーが1打目を打ち終えた後で打ち直します。
たとえばA、B、C、Dの順でティーショットを打つことになっていた場合で、Aの次にティーショットを打ったBの球がOB区域に行ってしまい暫定球を打つことにした場合は、CとDが1打目を打ち終えた後にBが暫定球を打つようにします。このような順番でプレーされなかった場合は異なる順番でプレーしたことになり、マッチプレーでは相手が打ち直しを要求できます。