トップページ > ゴルフのルール >状況別ゴルフルール

分かりやすい!状況別ゴルフルール

状況別ゴルフルール

ティーグラウンド

ホールの1打目を打つ場所です。ティーマーカーの外側を結んだ線から2クラブレングス後方までの四角い範囲がティーグラウンド区域となります。

スルーザグリーン

ホールのティーグラウンド、ハザード(バンカー、ウオーターハザード)、グリーン以外の全ての場所をさします。つまりフェアウエイやラフはルール上分け隔てなくスルーザグリーンです。

バンカー

芝や土を取り代わりに砂で埋められた区域のことです。球の一部でもバンカー内の砂に触れていればその球はバンカー内にあるとみなされます。

ウオーターハザード

池や小川などのことをさします。小川やコースの端にあるような池の場合はラテラルウオーターハザードとなるのが一般的です。

グリーン

ホール(穴)のあるパッティングのために作られた場所のことをさします。

©MBcreation ©ROCK PINE